漢方薬

妊娠1年前ぐらいから、クリニックで処方された漢方薬を飲んでいました。なんとなく効果があったような気がします。

漢方薬局とクリニックの違い

街中によく「子宝相談」とか「体質改善」と書かれた漢方薬局があります。あの手の薬局で売っている漢方薬は高いです。月に数万円かかることも少なくありません。妊娠するまで飲み続けなくてはならないというのは結構大変です。

わたしは漢方に詳しいお医者さんがいる内科クリニックに行って相談しました。保険適用なので漢方薬局と比べるとかなり安く済みます。

2ヶ月に1回通っていましたが、診療費と薬代でだいたい5,000円ぐらいだったでしょうか。内科なので婦人科よりも待ち時間が少ないというのも良かったです。

東洋医学では不妊という症状だけでなく全身状態を見てくれます。そのお医者さんも脈をとったりお腹を触ったりして、わたしに合った薬を選んでくれました。

妊娠のために飲んでいた漢方薬

よく処方されていたのはメジャーな「当帰芍薬散」です。ドラッグストアで売っているものと成分は同じですが、処方薬は量が違います。

漢方薬を1年ほど飲み続けたころに妊娠しました。妊娠したときに処方されていたのは「温経湯」でした。

妊娠中も当帰芍薬散を飲み続けました。先生によると「元気な赤ちゃんが産まれやすくなる」とのことでした。本当かどうかわかりませんが、娘はたしかに元気な赤ちゃんだったので、多少は関係があるのかもしれません。

即効性はない?

よく言われているように、漢方にはあまり即効性はないみたいですね。生理周期が整うという触れ込みもありますが、わたしの場合は飲み続けても基礎体温はガタガタでした。

漢方の先生が癒し系だったため、ヒーリング効果があった可能性もあります。わたしが妊娠したことを知って、とても喜んでくれました。

クリニックはこちらのサイトで探しました。気になる方はチェックしてみてください。

漢方、漢方薬に詳しい病院検索ができる「漢方のお医者さん探し」

わたしの妊活一覧

ヨガ市比賣神社参拝半身浴よく寝る食生活の見直し冷えとり先祖のお墓参り漢方薬市の不妊相談手術台

スポンサーリンク

シェア大歓迎です!